[監修]福井大学 医学部 泌尿器科学講座 教授 横山修 先生
[監修]
福井大学 医学部 泌尿器科学講座 教授 横山修 先生
病医院検索

尿もれ・頻尿お役立ち情報頻尿や尿もれ、尿失禁、トイレが近いなどの悩みに関するお役立ち情報

頻尿にはさまざまな原因があった!
症状にあわせた対処法を実践しよう

「さっきトイレに行ったばかりなのに、またトイレに行きたい」「夜中に何度もトイレに行く」という方は頻尿の可能性があります。頻尿は日常生活に支障をきたすだけでなく、何かの疾患が原因で引き起こされていることがあります。そのため、頻尿の症状がある方は、医師に相談して、頻尿を引き起こしている原因を確かめましょう。こちらの記事では、そんな頻尿の具体的な症状やさまざまな原因、対処法をまとめました。まずは、頻尿とはどのようなものなのかを確認していきましょう。

頻尿の定義1)

頻尿とは、トイレが近く、排尿回数が多い症状のことを言います。正常の排尿回数は、1日に7回以下といわれています。1日の排尿回数が7回以下だとしても、自分自身で排尿回数が多いなと感じた場合も頻尿の可能性があります。正確な判定には排尿記録が必要です。

頻尿を引き起こす原因

頻尿は、さまざまな疾患や生活習慣が原因で引き起こされることがあります。

頻尿の原因となる疾患

何かしらの疾患を持っていることが原因で、頻尿を引き起こしている場合があります。そこで、頻尿が症状として現れる疾患をいくつかご紹介します。

頻尿の原因になる生活習慣や状況

頻尿は体や精神の状態、普段の生活が原因で引き起こされることもあります。

頻尿の対処法

頻尿の対処法をご紹介します。

病院できちんと診察を受けることが大切

頻尿にはさまざまな原因があるので、病院できちんと診察してもらうことが最も大切です。頻尿は日常生活に支障をきたすだけでなく、膀胱炎や糖尿病、子宮筋腫といった疾患のサインの可能性があります。そのため、早めに治療を行う必要があります。

日頃から行える頻尿の対処法

医師に診察してもらうことが最も確実ですが、日常生活でも頻尿に対処する方法がいくつかあるのでご紹介します。

頻尿の原因や対処法を知ろう

頻尿の原因は、膀胱炎のような疾患であったり日常生活から引き起こされるものだったりします。原因によって、対処法もさまざまなので、まずは医師に相談することをおすすめします。
また、病院に行く際は、問診シートを持参するのもよいでしょう。問診シートとはいくつかの質問があり、自分の症状と当てはまるものにチェックするだけの簡単なシートです。問診シートを持っていくことで、症状を口頭で説明する必要がなくなります。下記のリンクで問診シートを確認してみてください。

問診シートはこちらから 問診シートを記入する
  • 1) 日本排尿機能学会 過活動膀胱診療ガイドライン作成委員会 編:過活動膀胱診療ガイドライン第2版 リッチヒルメディカル株式会社: 7-8, 2015
  • 2) 日本泌尿器学会 編: 男性下部尿路症状・前立腺肥大症診療ガイドライン リッチヒルメディカル株式会社: 51, 2017
  • 3) 日本泌尿器学会 編: 男性下部尿路症状・前立腺肥大症診療ガイドライン リッチヒルメディカル株式会社: 52, 2017

尿もれの原因と対策はこちら

ページ
トップへ